Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

公演・イベント

陶磁器   共同主催

初夏凛々 ~こいしわら鼓 夏のうつわ展~

※このイベントは終了しました。

主催:小石原焼陶器協同組合

脈々と受け継がれる小石原の伝統技法・とびかんな

小石原焼(こいしわらやき)は約340年の歴史を誇り、福岡県中央部の東端に位置する東峰村(とうほうむら)で作られる陶器で、経済産業大臣指定伝統的工芸品になっています。標高1000m近い山々に囲まれ、陶器に適した土、登り窯の燃料の木々に恵まれていたことから発展してきました。素朴で温かい質感、質実剛健で普段使いできる陶器「用の美」を究めた陶器として知られています。
小石原鼓(つづみ)地区にある蔵人窯(くらんどがま)は、小野永蔵(おのえいぞう)さんが40年以上前に開窯。息子の雄大さんは、幼いころから、陶器作りが身近でしたが、家業を継ぐことは考えてなかったそうです。その後、大学で陶芸・陶器の魅力や奥深さを再認識。陶芸コースを3年間、研究生として2年間学び、卒業後、永蔵さんのもとで陶芸作家になり、11年になります。「父は同じものを作るのではなく、今まで習得したことを生かした陶芸を勧めてくれます」。雄大さんが一番力を発揮している技法が とびかんな”。小石原焼の伝統技法で、白化粧土を塗った生地を使い、ろくろを回転させながら、かんなの刃先を当てると弾いて模様になります。「全体に模様を入れたものに加え、一本のとびかんなをシンプルに入れることで、とびかんなを目立たせるものも作っています。どの作品も、食卓に毎日出しても飽きがこなくて、他の食器とも馴染むものが一番の特徴ですね」と雄大さん。
今回、鼓地区の9つの窯による合同展示会になり、湯呑み、茶碗や皿など約1000点を展示・販売します。ぜひ、ご来場ください。

[実演]
ロクロ 13:00・15:00・17:00

アンケート

概要

会 場 匠ギャラリー
入場料
無料

主 催

小石原焼陶器協同組合(朝倉郡東峰村)
TEL:0946-74-2266

伝統工芸品目

小石原焼

お問い合わせ

アクロス福岡 文化観光情報ひろば
TEL:092-725-9100

●開催時間は、企画展によって変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

イベント検索

日付を入力
ジャンルを選択
会場を選択
絞込み
フリーワード

イベントカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
本日のイベント