Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

公演・イベント

陶磁器 ほか   共同主催

小石原の土と硝子 -太田 圭・潤 仕事展-

※このイベントは終了しました。

主催:太田哲三窯 太田圭(代表)

異なる素材の作品がコラボした兄弟展
小石原焼伝統の技法を受け継ぎ陶芸家の道を歩む兄と、廃瓶を使用した手吹きガラス作家の弟。ともに小石原在住の、兄弟による展示会です。
兄の圭さんは幼いころから、お父さまの哲三さんの作業を見て育ち、陶芸家の道を志しました。佐賀県の窯業大学を卒業後、哲三さんに師事。現在も一緒に太田哲三窯で制作に励んでいます。圭さんは「ご飯茶碗、皿や湯飲みなど、日常使いの食器類を中心に作陶しています。昔から続く小石原焼の伝統を守りながら、現代のスタイルに合ったものを創作しなさいという、父のアドバイスを受け、素朴で頑丈、使いやすいものをモットーに活動を続けています」。
一方、弟の潤さんは大学卒業後、「父が集めていたイランやメキシコなどのガラスに興味を持ち、全国のガラス工房を訪ねました」。座ることが多い陶芸より、動く方が合っていたそう。その後、沖縄で琉球ガラスを5年間学び、築窯。潤さんも「使い勝手の良い、普段使いの器作りを心がけている」そうで、やはり小石原の伝統を重んじています。JR九州の新観光列車『36ぷらす3』車内で、作品が販売されているのも注目です。
今回、圭さんは「日常使いのうつわや、花差しなどの一点物」を、潤さんは「コップほか食器、小鉢や小物など」を展示・販売します。小石原の同じ環境で育った兄弟が、異なる素材で制作したものの対比が楽しめる展示会になります。

[体験]
器の絵付け 800円
※作品は焼成後、着払いにてご自宅にお送りします。

アンケート

概要

会 場 匠ギャラリー
入場料
無料

主 催

太田哲三窯 太田圭(代表)(朝倉郡東峰村)
TEL:0946-74-2159

伝統工芸品目

小石原焼

お問い合わせ

アクロス福岡 文化観光情報ひろば
TEL:092-725-9100

●開催時間は、企画展によって変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

「beyond2020プログラム」認証事業
(2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資する文化プログラムとして、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が認証)

イベント検索

日付を入力
ジャンルを選択
会場を選択
絞込み
フリーワード

イベントカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
本日のイベント