Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

福岡×文化

福岡の伝統工芸

大川組子 おおかわくみこ木工品・竹工品

緻密な細工が描く木の紋様

「大川組子」は、約300年の歴史を誇る美しさと緻密さを兼ね備えた工芸品です。三組手(みつぐて)と呼ばれる三角形の地組みの中に、200以上とされる図柄の組木を組み上げる技術には、数ミクロン単位を調整できる職人の勘が必要だと言われます。多い時は、数万個の部品により組み上げられますが、見た目は華奢でも、それぞれの部材が精巧に噛み合い、一枚の板のような頑丈さとなります。

お問い合わせ

大川組子振興会

お電話でのお問い合わせ
0944-87-0035

(大川インテリア振興センター内)