Language 検索

公演・イベント

  共同主催

アクロス・文化学び塾
マリー・アントワネットも愛したフランス宮廷の磁器 セーヴル磁器の魅力

王侯貴族たちを虜にしたヨーロッパ磁器とは?

お申込受付:2018年5月1日(火)~

18世紀、ヨーロッパでは磁器への憧れが極まり、フランスでは国王ルイ15世の庇護のもと、パリ近郊のセーヴルに王立磁器製作所が生まれます。以後、優雅で気品あふれるセーヴル磁器は、ポンパドゥール侯爵夫人や王妃マリー・アントワネットをはじめヨーロッパの王侯貴族たちを魅了し、現在まで常にその高い技術と芸術性を保持し続けてきました。

本講座では、セーヴル陶磁都市所蔵の名品を通して、そうした300年に及ぶセーヴル磁器の創造の歴史とその魅力についてご紹介します。


◆展覧会◆
特別展:「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
会 期:2018年7月24日(火)~9月24日(月・振)
会 場:山口県立萩美術館・浦上記念館

概要

会 場 セミナー室2
講 師 後藤 修
山口県立萩美術館・浦上記念館 学芸課長
定 員 70名(要事前申込)
入場料
500円(講座当日にお支払いください)

お問い合わせ

アクロス福岡 文化観光情報ひろば TEL:092-725-9100

イベント検索

日付を入力
ジャンルを選択
会場を選択
絞込み
フリーワード

イベントカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
本日のイベント