Language 検索

公演・イベント

  共同主催

伝統工芸 東京木目込人形作品展

※このイベントは終了しました。

「木目込み」とは木や桐塑(とうそ)(桐のオガクズとニカワ)でできた人形の胴体に筋をつけ、その筋に布を差し込む(木目込む)伝統技法のことです。人々の心に安らぎと温もりを与える木目込人形は、時代を超え、世代を超えて愛されてきました。子供山笠やおみこしなどの作品を展示販売します。(約150点展示)

【体験】木目込みのふくろう制作体験 / 1,200円

概要

会 場 匠ギャラリー
主 催 東京木目込人形師範会福岡支部(福岡市博多区)
TEL:092-474-4667
ジャンル 木目込み人形
入場料
入場無料

お問い合わせ

アクロス福岡文化観光情報ひろば
TEL:092-725-9100

レポート

耳学

髪もきちんと結っています
木目込み人形は、元文年間(1736-1741)に、京都加茂神社の神官・堀川家に仕える高橋忠重が祭事に使う柳筥(やないばこ)を作るかたわら、余材で人形を作ったのが始まりと伝えられ、300年近い歴史を持つ伝統ある人形です。
作業行程のなかでも頭部作りは最も熟練した腕を必要とする工程です。細い筆で眉や目を描き、頬に紅をさし、口紅を入れます。最後に髪の毛を植えて結い上げ、ようやく頭が完成します。
●開催時間は、企画展によって変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

イベント検索

日付を入力
ジャンルを選択
会場を選択
絞込み
フリーワード

イベントカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
本日のイベント