Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

公演・イベント

和 紙   共同主催

3人よれば和紙の創作展2021

※このイベントは終了しました。

主催:おおばやし陽子(代表)

和紙の魅力が凝縮した和紙のバッグ、インテリア品

和紙は古くから自然界の植物原料を使い、手すきで作られてきました。おおばやし陽子さんは、現代のライフスタイルに合わせた和紙の多様性を表現しています。
おおばやしさんは、東京でオリジナル革バッグを製作する会社で、デザインから縫製、仕上げまでの技術を習得し、退社後、オリジナルバッグの個展を各地で開催。1988年"紙の乱展”参加で和紙と出会い、和紙のバッグ創作を開始。「初めて手にした和紙は、バッグを作るのに不安のない強さだったので、和紙のバッグがあってもいいなと作り始めました。革バッグの全工程を学んだことも、すごく役立っていますね」。最近まで持ち手など、デザインと補強を兼ねて革を使っていたそうですが、"ぜ~んぶ和紙”シリーズはすべて和紙で製作。和紙を細切りして織る紙布は時間のかかる非常に根気のいる作業です。バッグは一見すると、和紙とは思えない高級感あふれる完成度。「まず素材。主張し過ぎず、存在感があるのが一番の魅力。作り手としても面白いですね」とおおばやしさん。
アクロス福岡の展示会は5年ぶりですが、今回は3人展に。色を巧みに操り和紙でブローチなどを作る小山泰子(おやまやすこ)さん、クリエーターで和の素材を感性豊かに表現する宮本純子さんとともに150点を展示・販売します。

[体験]
和紙ブローチ作り 1,000円~

アンケート

概要

会 場 匠ギャラリー
入場料
無料

主 催

おおばやし陽子(代表)(東区香住ヶ丘)
TEL.092-663-3704

お問い合わせ

アクロス福岡 文化観光情報ひろば
TEL:092-725-9100

●開催時間は、企画展によって変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

「beyond2020プログラム」認証事業
(2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資する文化プログラムとして、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が認証)

イベント検索

日付を入力
ジャンルを選択
会場を選択
絞込み
フリーワード

イベントカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
本日のイベント