Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

公演・イベント

陶磁器 ほか   共同主催

異業種作家四人展 ~茶の席と伝統文化~

※このイベントは終了しました。

主催:陶房夢幻 萬野栄一(代表)

茶目っ気あふれる鬼たちに思わずクスッ

萬野(まんの)栄一さんは全国でも稀少になった陶人形作家で、那珂川市の山中に工房を構えています。作家になったきっかけは、何気なく見た鬼の陶人形。「中学生のころから風神雷神に興味を持ち、角が共通の鬼の人形に魅せられました」。その鬼の人形を制作していた濱崎節生さんに3年間師事し、自らの作風を高め、その後、1997年に地元の那珂川で独立。
萬野さんの作品といえば、鬼をモチーフにしたものが多く、「まず、テーマを決めて何体か制作します。酒を物語にしたものが多いですね」。鬼の大半は上を向き、人と目線が合うのに加え、前向きに上を向いて進むという意味が込められているそうです。2年ほど前からは、夢の中に出てきたものをイメージして制作した、空飛ぶ赤い鯨も作品の中に加わっています。
紙に鬼や地蔵を描き、傍らに添えられた個性あふれる書も秀逸です。もともと絵や書は苦手でしたが、地蔵とともに書いた「ありがとう」の文字が評判を呼び、「それからは自分の愚痴を書き、皆さんの共感を得られたことが自信になりました」と萬野さん。
今回の展示会は、萬野さんのほか那珂川市の作家が二人、熊本地震で災害にあった阿蘇の作家の計4人が参加。「私の作品が100点、合わせて200点ほど、新年にふさわしいものを展示・販売。お茶をテーマにした水差しや抹茶椀などもあります」。ぜひご来場ください。

[実演]
箸制作・陶人形制作

[関連イベント]
1月8日(金)~1月10日(火)
「笑門福来~笑顔を呼ぶからくり人形と縁起物展~」

アンケート

概要

会 場 匠ギャラリー
入場料
無料

主 催

陶房夢幻 萬野栄一(代表)(那珂川市後野)
TEL:090-2082-0320

お問い合わせ

アクロス福岡 文化観光情報ひろば
TEL:092-725-9100

●開催時間は、企画展によって変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

「beyond2020プログラム」認証事業
(2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資する文化プログラムとして、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が認証)

イベント検索

日付を入力
ジャンルを選択
会場を選択
絞込み
フリーワード

イベントカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
本日のイベント