Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

公演・イベント

一般発売中 / インターネット発売中   主 催

オービック・スペシャル・コンサート2019
九州交響楽団&ソリストの饗宴

才能あふれるソリスト陣による演奏
コバケンとのセッションで熱い夜となる!

友の会発売日:2018年11月16日(金) 10:00~
一般発売日:2018年11月25日(日) 10:00~

周防亮介(ヴァイオリン) インタビューはこちら

情報誌の特集記事を読む

概要

会 場 福岡シンフォニーホール
出 演

指揮/小林研一郎
ヴァイオリン/周防亮介
ピアノ/フィリップ・ジュジアーノ
管弦楽/九州交響楽団
ナビゲーター/朝岡聡

曲 目

ショパン:ピアノ協奏曲 第1番
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:序曲「1812年」

入場料
【一 般】S席6,000円 A席4,000円(学生券2,000円)
【友の会】S席5,400円 A席3,600円(学生券1,800円)

※未就学のお子さまの入場はご遠慮ください。(無料託児サービスあり・要予約)

座席配置図
チケット

今すぐインターネット購入


アクロス福岡チケットセンター
 TEL:092-725-9112
チケットぴあ
 TEL:0570-02-9999(Pコード:127-891)
ローソンチケット
 TEL:0570-000-407(Lコード:83870)
お問い合わせ

アクロス福岡チケットセンター
 TEL:092-725-9112

周防亮介(ヴァイオリン) インタビュー

Q.小林研一郎さんとは2回目の共演ですね。
初めてご一緒させていただいたのは2014年の18歳の時で、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を共演させていただきました。小林先生と共演することは憧れであり、公演の日を心待ちにしていたことを思い出します。
リハーサルの日は緊張して朝から落ち着かず出かけましたが、とってもお優しい眼差しで迎えてくださり気持ちよく自由に弾かせていただいたことを今でも覚えています。小林先生がタクトを振られると一気に音楽が生き生きと進んでいき、指揮に吸い込まれるようにメンデルスゾーンのコンチェルトを弾きました。今回、小林先生とまたご一緒させていただける機会をいただき本当に嬉しく光栄に思っています。久しぶりの共演ですので成長した姿を見ていただきたいです。

Q.演奏される「チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲」は周防さんにとってどのような曲ですか?
初めてオーケストラとコンチェルトと弾かせていただいた曲がチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲です。プラハの音楽祭で、プラハ室内管弦楽団と共演しました。14歳の時で、自分にとって特別な曲です。
この曲は華やかでスケールが大きく、また哀愁のある美しい旋律と情熱にあふれた音楽がとても魅力的ですが、ロシアの大地を想わせるような大きなフレーズをダイナミックに表現することはすごく難しいです。でも、いつまでも余韻が残る感動的なこのコンチェルトは何度弾いても弾き終えた後の幸福感や充実感は変わりません。演奏後、心の高まりをお客さまと共感できれば幸いです。

Q.九州交響楽団とは初共演となりますね。
九州交響楽団の皆さまと自分の音がどのような響きになるのかすごく楽しみで、今回の初共演を心より嬉しく思っております。ダイナミックかつ歌心のあるチャイコフスキーを皆さまと共有しながら演奏したいです。そして、今回のご縁が今後も続いていくことを願っています。

Q.ヴァイオリンとの出合いはコンサート会場だったと伺いました。
物心がついたころからクラシック音楽を聴いたりピアノに触れたりすることが大好きだったようで、5歳の時に子ども向けのオーケストラの演奏会に行き休憩時間に訪れた楽器体験コーナーがヴァイオリンとの出合いです。幼少からたくさんの演奏会に連れて行ってもらいましたが、ヴァイオリンの華やかな音が魅力的で絶対に自分も弾きたいと思い両親にお願いしました。家にピアノがあったこともありなかなか習わせてもらえなかったのですが、あまりにもずっとヴァイオリンのことばかり話すので両親も根負けし7歳の時にようやく習わせてもらうことができました。両親は1ヶ月で辞めるだろうと思っていたようですが、僕にとっては念願のヴァイオリンでしたのでとにかく嬉しくてレッスンは毎回楽しく、ずっと練習していました。その頃はただただ楽しく弾かせてもらっていたので一番生き生き弾いていたかもしれません(笑)。

Q.現在スイスにお住まいと伺っています。現在の活動や今後のプランなどについて教えてください。
一昨年の10月から、スイスのジュネーブから電車で30分ぐらいのところにあるメニューイン国際音楽アカデミーに在籍しています。このアカデミーは普通の学校とは少し違っていて、毎月のように世界各国を周って演奏活動をすることが多く、スイスはもとよりドイツやモナコなどヨーロッパ各地で演奏しました。留学をして2年目になりますが、もうしばらくヨーロッパで勉強しながら日本での公演を重ねていきたいと思っています。
その後、どこを拠点にするかはまだわかりませんが、日本はもちろんヨーロッパやアメリカ、世界中で演奏の機会をいただけるように今後も色々と挑戦していきたいと思っています。
今年はシャネル・ピグマリオン・デイズのアーティストに選んでいただき、シャネル・ネクサスホールで年間6回のリサイタルをさせていただきます。たくさんの方に聴いていただける機会ですので本当に楽しみです。また、オーケストラとの共演や室内楽の演奏会もありますし、いろいろな場所で音楽の素晴らしさや魅力を伝えていきたいと思います。

Q.これまでの活動の中で、影響を受けた作曲家やアーティストをお聞かせください。また、共演した指揮者、アーティスト、楽団などございましたらお聞かせください。
ありがたいことにこれまで多くの方と共演させていただいたり、レッスンを受けたりと自分の演奏に影響を与えてくださった方はたくさんいらっしゃいます。特に、現在師事しているマキシム・ヴェンゲーロフ先生は素晴らしいヴァイオリニストでありながら、お人柄はとても温かいく穏やか(レッスンは厳しいですが)な方です。今も努力を惜しまれず真摯にヴァイオリンと向かい合っておられるお姿には尊敬するばかりです。これまでに一緒に演奏させていただくこともありましたが、その音楽や一つの音に対する意識や考えなど勉強させていただくことがすごくあります。
また、これまで共演させていただいた指揮者の方は、今回もご一緒してくださる小林研一郎先生をはじめ、佐渡裕氏、大友直人氏、高関健氏、飯守泰次郎氏、山田和樹氏、秋山和慶氏などです。オーケストラは読売交響楽団、新日本フィル、東京交響楽団、東京シティフィル、東京フィル、京都市交響楽団、関西フィル、兵庫芸術文化センター管弦楽団など、そして海外ではパリ管弦楽団、プラハ室内管弦楽団、サンクトペテルブルク国立アカデミー交響楽団、ポズナンフィル、ポーランド放送管弦楽団などとご一緒させていただいてきました。
今後もたくさんの地で素晴らしい方々と共演させていただけるよう頑張っていきたいと思います。

Q.演奏会を楽しみにしている福岡のお客さまへメッセージをお願いいたします。
初めて福岡で演奏させていただきますので本当にワクワク、心待ちにしております。初めてお聴きくださる方が多いと思いますが、皆さまのお心に残るチャイコフスキーとなりますよう心を込めて演奏いたしますので多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

プロフィール

●学生券は、小〜大学生等および留学生本人さまに限り、A席を表記料金にて販売するものです。お申込みは、アクロス福岡チケットセンターに限ります。また、購入に際しましては、学生証等が必要です。
●この公演は当日学生割引対象公演です。当日券の販売がある場合、学生証等の提示により半額でご購入いただけます。
●車椅子でお越しのお客さまは、優先割引席(4席)がございます。詳しくはアクロス福岡チケットセンターまでお問い合わせください。
●小学校入学前のお子さまの入場はできません。託児サービス(ご利用無料)を希望される方は、こちらをご覧ください。
●バルコニー席は、舞台が見えづらい場合がございます。ご了承ください。
●諸事情により記載内容が変更になることがありますので、あらかじめご了承ください。

主催:(公財)アクロス福岡
共催:読売新聞社
後援:RKB毎日放送
特別協賛:株式会社オービック

イベント検索

日付を入力
ジャンルを選択
会場を選択
絞込み
フリーワード

イベントカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
本日のイベント