• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading
  • 貸出施設のご案内
  • ご利用案内
  • ご利用料金
  • 空室状況・ご予約

ご利用案内

トップページ > ご利用案内 > その他備考

その他備考

その他備考

1.利用区分
  • 会議室を除く各施設
    利用区分(「午前」、「午後」、「夜間」に区分した時間帯をいいます。)内の一部の時間の利用は、その利用区分のすべてを利用したものとみなします。
  • 会議室
    • 9時から22時までの間に、3時間以内で利用する場合、基本料金を申し受けます。
      9時から22時までの間に、3時間を超えて利用する場合、基本料金に超過した時間数に応じた金額を加えたものとします。
      なお、1時間以内の利用は、1時間利用したものとみなします。
2.入場料金等区分
  • 入場料金とは、入場することに際し徴収される入場の対価及びこれに類するものをいいます。
  • 入場料金に段階があるときは、その最高額をもって料金表を適用します。
  • 連続利用等の催物で、「通し券」で入場料金を徴収する場合は、次の金額を1日又は1回当たりの入場料金とみなして、料金表を適用します。
    通し券の料金÷入場できる日数又は回数。
  • イベントホール及び円形ホールを平土間で利用する場合、企業あるいはその連合体が行う商品展示、商談会等については「商業展示」の区分を適用します。
3.目的区分
  • 交流ギャラリー
    • 「営利目的」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。
      a.入場料金を徴収する場合
      b.物販行為(契約行為を含む。)を行う場合
      c.企業の冠イベント、その他商業宣伝のための展示等に利用する場合
    • 「非営利目的」とは、上記以外の展示等利用をいいます。
  • セミナー室
    • 「文化振興等」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。
      a.芸術文化に関するセミナー、発表会、交流会、研修会等(以下「セミナー等」といいます。)
      b.地域文化に関するセミナー等
      c.国際的な学術文化に関するセミナー等
    • 上記のa〜cに該当するものであっても、次のいずれかに該当する場合は、「その他」を適用します。
      a.入場料金を徴収するもの
      b.物販行為(契約行為を含む。)を行うもの
      c.企業内の内部会議又は企業の冠講座、その他商業宣伝を目的とするもの
4.リハーサル等利用

リハーサルもしくは催物の準備又は整理等のため入場者を入れない状態(以下「リハーサル等」といいます。)で、ひとつの利用区分の全部を利用する場合、その区分の利用料金は、所定の料金の7割相当額とします。 ただし、セミナー室、大会議室・中小会議室及び練習室については適用しません。
 

5.同一利用日内の2区分連続利用

同一利用日内において、午前及び午後又は午後及び夜間を連続して利用する場合の料金は、各区分の所定の利用料金の合計額の9割相当額とします。 ただし、リハーサル等利用の割引がある場合は、連続利用による割引はいたしません。また、「終日料金」は午前、午後及び夜間の各区分の利用料金の合計額よりも割引いていますが、リハーサル等利用の割引がある場合、終日利用による割引はいたしません。
 

6.超過利用料金
  • 会議室、セミナー室、練習室を除く施設において、同一利用日内の2区分連続利用以外の利用で、次の時間を前後の利用区分と併せて利用する場合、次の超過料金(100円未満四捨五入)を申し受けます。
    • 12時から13時まで
      当日の「午後」の入場料金区分による利用料金÷3(国際会議場及び交流ギャラリーは4)
    • 16時から17時まで(国際会議場及び交流ギャラリーは17時から18時まで)
      当日の「夜間」の入場料金区分による利用料金÷5(円形ホールは4、国際会議場及び交流ギャラリーは3)
    • 上記の時間をリハーサル等のため利用する場合は、上記により算定して得た金額の7割相当額とします。
      なお、上記時間の一部の利用は、そのすべてを利用したものとみなします。
  • やむを得ない事情により会議室、練習室を除く施設を、22時から、翌日の9時までの間に施設を利用する場合は、1時間ごとに次の超過料金(100円未満四捨五入)を申し受けます。
    「平日・夜間」の利用料金÷5(円形ホールは4、国際会議場、交流ギャラリー及びセミナー室は3)×1.5。
    ただし、上記の時間をリハーサル等のため利用する場合は、1時間ごとに、上記により算定して得た1時間当たりの金額の7割相当額を申し受けます。なお、1時間以内の利用は、1時間利用したものとみなします。
  • やむを得ない事情により会議室を22時から翌日の9時までの間に利用する場合は、1時間ごとに次の超過料金(100円未満四捨五入)を申し受けます。
    平日の「1時間当たり加算額」×2
    なお、1時間以内の利用は、1時間利用したものとみなします。
7.2分割利用
  • イベントホールをA室、B室に2分割して利用する場合、次の利用料金(100円未満四捨五入)を申し受けます。
    • 同一利用者がA室、B室を併用利用する場合
      A室料金:全室利用の所定料金×0.55
      B室料金:全室利用の所定料金×0.45
    • A室又はB室を単独利用する場合
      A室料金:全室利用の所定料金×0.75
      B室料金:全室利用の所定料金×0.65
  • 大会議室又は交流ギャラリーをA室、B室に2分割して利用する場合、次の利用料金(100円未満四捨五入)を申し受けます。
    • 同一利用者がA室、B室を併用利用する場合
      A室料金:全室利用の所定料金×0.50
      B室料金:全室利用の所定料金×0.50
    • 別の利用者がA室又はB室を単独利用する場合
      A室料金:全室利用の所定料金×0.70
      B室料金:全室利用の所定料金×0.70
8.臨時開館による利用

休館日に、館長が特に認めて臨時開館を行い利用する場合は、土・日・祝日の利用料金を適用します。
(注)付属設備、備品等を利用された場合は、別途料金を申し受けます。
詳しい利用区分・料金に関しては、「ご利用料金」を参照下さい。

ページ上へ