• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading

公演・イベント

公演・イベント詳細

一般発売中
共同開催

2017年10月22日(日) 15:00

新・福岡古楽音楽祭2017 野々下由香里&大塚直哉
歌とチェンバロのコンサート「ヨーロッパお国巡り」

大分出身のソプラノ歌手・野々下由香里と、屈指のチェンバロ奏者・大塚直哉が時代を逆のぼり、ヨーロッパ音楽周遊旅行へいざないます!

◆新・福岡古楽音楽祭◆

 
歌とチェンバロのコンサート「ヨーロッパお国巡り」
概 要

会 場 国際会議場
出 演 ソプラノ/野々下由香里
チェンバロ/大塚直哉
バロック・フルート/前田りり子(賛助出演)
曲 目 カッチーニ:アマリッリ
イングランド民謡:グリーンスリーヴス
J.S.バッハ:6つのパルティータ 第4番 ニ長調 ほか
入場料 全席自由
【一 般】1,500円
【友の会】1,300円

※小学校入学前のお子様のご入場はできません。
チケット取扱所 アクロス福岡チケットセンター Tel:092-725-9112
チケットぴあ TEL:0570-02-9999(Pコード:330-651)
チケット購入ガイドはこちら※おトクな友の会ご存知ですか?
お問い合わせ 新・福岡古楽音楽祭実行委員会事務局
TEL:092-725-9327(10:00~18:00)
プロフィール
野々下由香里 ソプラノ
野々下由香里 ソプラノ

大分県出身。東京藝術大学声楽科を首席で卒業、同大学院修了。関西フランス音楽コンクール、第4回日仏声楽コンクールともに第1位入賞。パリ・エコール・ノルマル音楽院留学中の’89年「フィガロの結婚」ケルビーノ役でレンヌ歌劇場にデビュー。ナント、リオ・デ・ジャネイロ等国際声楽コンクールに入賞。帰国後は、BCJ(バッハ・コレギウム・ジャパン)のソリストとして国内外の公演に参加。北とぴあ国際音楽祭ではバロックオペラで古楽オーケストラとともに聴衆を魅了している。G.ベンジャミン「冬の心」を作曲家自身の指揮で東フィルと日本初演、権代敦彦らの作品を世界初演。録音は25点を超えるBCJとのCDをはじめ「フォーレ《小ミサ》(ジャン・フルネ指揮)」「月の光~エラールピアノとフランスのうた~(レコード芸術誌特選盤)」などがある。日仏声楽コンクール審査員。東京藝術大学古楽科教授。お茶の水女子大学非常勤講師。

大塚直哉 チェンバロ
大塚直哉 チェンバロ

東京藝術大学大学院チェンバロ専攻、アムステルダム音楽院チェンバロ科およびオルガン科修了。「アンサンブル コルディエ」「バッハ・コレギウム・ジャパン」などのアンサンブルにおける通奏低音奏者として、またチェンバロ、オルガン、クラヴィコードのソリストとして活躍するほか、これらの楽器に初めて触れる人のためのワークショップを各地で行っている。チェンバロのソロCD「トッカーレ[触れる]」(ALM RECORDS)のほか録音多数。
現在、東京藝術大学音楽学部准教授、国立音楽大学非常勤講師。宮崎県立芸術劇場、彩の国さいたま芸術劇場、台東区旧奏楽堂のオルガン事業アドヴァイザー。

    ●諸事情により、記載内容が変更になることがありますので予めご了承ください。
    主催:新・福岡古楽音楽祭実行委員会、18世紀音楽祭協会、福岡県、福岡市
      (公財)アクロス福岡、(公財)福岡市文化芸術振興財団