• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading

公演・イベント

公演・イベント詳細

主催・共催公演
主催

2015年09月08日(火) 18:30

メルビッシュ湖上音楽祭 オペレッタ「こうもり」

J.シュトラウスⅡ世が生んだ最高傑作「こうもり」を世界最大のオペレッタ音楽祭“メルビッシュ”が魅せる

「メルビッシュ湖上音楽祭」は1957年に始まり、今や世界最大のオペレッタ・フェスティバルとして毎年多くの観客を楽しませる夏の一大イベントです。
半世紀もの間、メルビッシュの地から出ることのなかった、“門外不出”のオペレッタの祭典が2015年日本で初の引っ越し公演を決断!
巨匠ルドルフ・ビーブル率いるメルビッシュ祝祭管弦楽団をはじめ、人気絶頂のソプラノ歌手やバレエ・ダンサーと共に、オペレッタならではの優雅で愉快なステージをお届けします。

~ヨハン・シュトラウスⅡ「こうもり」~
時は1874年の大晦日。明日から刑務所に入るというのに友人(ファルケ)と舞踏会へ遊びに行く夫(アイゼンシュタイン)。その留守に元恋人(アルフレード)を家へ招き入れる妻(ロザリンデ)。夫を投獄するために来た刑務所長(フランク)。女優を目指す女中(アデーレ)。ひょんなことから、一同がオルロフスキー公爵の舞踏会で勢揃い。すべては「こうもり博士」の仕組んだ仕返しでした。
抱腹絶倒のドタバタ喜劇、名曲が織りなすウィンナ・オペレッタの最高傑作にご期待ください。

ちらし裏面はこちら

◆アクロス・オペラセレクション2015◆
※17時30分から当日券販売あり

この記事が掲載されている情報誌を見る
メルビッシュ湖上音楽祭 オペレッタ「こうもり」
2014年メルビッシュ湖上音楽祭「屋根の上のバイオリン弾き」公演より
2014年メルビッシュ湖上音楽祭「屋根の上のバイオリン弾き」公演より
概 要

会 場 福岡シンフォニーホール
演 目 ヨハン・シュトラウスⅡ世:「こうもり」
全3幕 原語上演・日本語字幕付
演 出 ゲアハルト・エルンスト
指 揮 ルドルフ・ビーブル
出演予定 アレクサンドラ・ラインプレヒト(ロザリンデ)
イーヴァ・シェル(アデーレ) ほか

メルビッシュ祝祭管弦楽団
合唱団・バレエ団
入場料 【一般価格】
GS席12,000円 S席10,000円 A席8,000円 B席6,000円
C席4,000円(学生券2,000円)

【友の会価格】
GS席10,800円 S席9,000円 A席7,200円 B席5,400円
C席3,600円(学生券1,800円)

※GS席、B席は残りわずか
座席配置図はこちら
チケット取扱所 アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
チケット購入ガイドはこちら※おトクな友の会ご存知ですか?
お問い合わせ アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
プロフィール
メルビッシュ湖上音楽祭
 

オーストリア最東に位置するブルゲンランド州は、スラヴ、ハンガリー、そしてドイツ語圏の交差点に位置しており、様々な民族色が融合した文化を持つこの地域では、何世紀にもわたって人々の独創的な才能をかたちづくってきました。
フランツ・リスト、ヨーゼフ・ヨアヒムといった作曲家はこの地域の出身で、またカール・ゴルトマルクは幼少時代をこの地域で過ごしました。なかでもヨーゼフ・ハイドンは、ブルゲンランド州とニーダーエスターライヒ州の境に生まれ、アイゼンシュタット(現在のブルゲンランド州の州都)、エステルハージ侯爵のもと指揮者、芸術監督として大いに活躍しました。ハイドンの目覚ましい活躍は、現在に至るまでこの地域がクラシック音楽において重要な位置を占める背景を生み出しています。
アイゼンシュタットにほど近いユネスコ世界遺産、ノイジードル湖湖上にて、毎年夏に有名なオペレッタ・フェスティバルが開かれています。湖上に設けられた幻想的なステージが有名な「メルビッシュ湖上音楽祭」です。1957年に始まって以来たいへんな人気を博す音楽祭で、1996年からは毎年延べ数でおおよそ20万人の観客を集め、世界最大の音楽祭の一つとしてその名を馳せています。メルビッシュ湖上音楽祭で上演されるJ.シュトラウスⅡ「こうもり」、ミレッカー「乞食学生」、オッフェンバック「パリの生活」、ツェラー「小鳥売り」、J.シュトラウスⅡ「ヴェネツィアの一夜」、レハール「微笑みの国」など数々のオペレッタはCDにも多く録音され絶賛を浴びています。
http://www.seefestspiele-moerbisch.at/

メルビッシュ祝祭管弦楽団
 

メルビッシュ祝祭管弦楽団は1994年、オペレッタ指揮の第一人者ルドルフ・ビーブルを音楽監督とし、Vienna Waltz Orchestraメンバーによって設立され、発足当時はブルゲンランド交響楽団として、自らのコンサート活動に加え、メルビッシュ湖上音楽祭で演奏を行っていました。そして2000年、「メルビッシュ祝祭管弦楽団」と名称を改めて現在にいたります。

9/8(火)公演アンケートより
  •  
  •  
  •  

アンケートのコメント

メルビッシュ湖上音楽祭は、TVで観るだけだったので、生の舞台を楽しみにしていました。すばらしい歌と演技、舞台、踊りで、とても楽しめました。バレーシーンが2シーンもあったのはうれしいサプライズです。どの歌手も歌と演技が上手く、さすが本場だと感心しました。(筑紫野市・男性・60代)

まさか福岡で観られるとは!!遠征するつもりでしたが大満足。なじみのある演目だと字幕を見られなくても気にならないので気楽です。(福岡市・女性・不明)

古きよき時代のヨーロッパの娯楽をかい間見たようでした。おおらかさとたくましさを感じました。(佐賀県・男性・50代)

    ■学生券は、小~大学生等及び留学生本人に限り、表記料金にて販売するものです。お申込みはアクロス福岡チケットセンターに限ります。ご購入に際しましては学生証などが必要です。
    ■この公演は当日学生割引対象公演です。当日券の販売がある場合、学生証等の提示により半額でご購入いただけます。
    ■未就学のお子様のご入場はご遠慮ください。託児サービスをご希望の方は、事前にお問い合わせください。
    ■車椅子でお越しのお客様は、車椅子席(4席)がございますのでお問い合わせください。
    ■諸事情により、記載の内容が変更される場合がありますので、予めご了承ください。
    共催:朝日新聞社、福岡EU協会
    後援:TVQ九州放送、オーストリア大使館、日墺文化協会、日本オペレッタ協会
        日本ハブスブルク協会、日本ヨハン・シュトラウス協会