• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading

公演・イベント

公演・イベント詳細

主催・共催公演
主催

2015年10月21日(水) 12:00

アクロス・ランチタイムコンサートvol.46
新・福岡古楽音楽祭プレコンサート
~古楽との出会い~

初心者から楽しめる
チェロとチェンバロによる名曲プログラムの1時間!

ランチタイムにランチ価格で、音楽をお楽しみいただいている人気シリーズ「ランチタイムコンサート」。
今回は、新・福岡古楽音楽祭2015のプレコンサートとして、バロック・チェロの魅力に迫ります。ブリュッヘンの「18世紀オーケストラ」やクイケンの「ラ・プティット・バンド」、そして世界にも認められるバッハ演奏のスペシャリスト「バッハ・コレギウム・ジャパン」のメンバーとして活躍する、日本を代表するバロック・チェロの第一人者、鈴木秀美の演奏でお届けいたします。古楽の名曲との『出会い』にご期待ください。

メッセージ from 鈴木秀美
『お昼のひとときに、チェロとチェンバロによるバッハとイタリアン・バロックの世界をお楽しみください。遍く知られた名曲の尽きせぬ魅力、知られざる名曲の躍動感や語り口の妙をオリジナル楽器の音色とともにお届けします』

☆着物でご来場の方には、博多織のミニプレゼントを進呈いたします。
(協力:HAKATA JAPAN)

※11時から当日券販売あり

ちらし裏面はこちら

[関連公演]
●9月16日(水)14:00
アクロス・アフタヌーンコンサートvol.14
新・福岡古楽音楽祭プレコンサート
ドミニク・ヴィス&ストラディヴァリア


●10月25日(日)15:00
新・福岡古楽音楽祭2015
ジュリアーノ・カルミニョーラ&ヴェニス・バロック・オーケストラ


◆新・福岡古楽音楽祭2015◆

この記事が掲載されている情報誌を見る
ランチ古楽プレ
概 要

会 場 福岡シンフォニーホール
出 演 チェロ/鈴木秀美、山本 徹
チェンバロ/上尾直毅
曲 目 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV.1007
J.B.ペルゴレージ:シンフォニア ヘ長調
A.ヴィヴァルディ:チェロ・ソナタ ト短調 RV.42
F.ジェミニアーニ:チェロ・ソナタ op.5-3 ハ長調
入場料 【一般価格】1,000円(全席自由)
【友の会価格】900円(全席自由)
チケット取扱所 アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
チケットぴあ   TEL:0570-02-9999(Pコード:253-094)
ローソンチケット TEL:0570-000-407(Lコード:82743)
チケット購入ガイドはこちら※おトクな友の会ご存知ですか?
お問い合わせ アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
プロフィール
鈴木秀美(チェロ)
鈴木 秀美(チェロ)

神戸生まれ。チェロを井上頼豊、安田謙一郎ほか、指揮を尾高忠明、秋山和慶の各氏に師事。国内外のコンクールで最高位を獲得、文化庁在外研修員としてデン・ハーグ王立音楽院にてA. ビルスマに師事。DHM (現ソニー) 他より数多くのCDを発表。村松賞大賞、文化庁芸術作品賞、芸術祭優秀賞、レコード・アカデミー賞(協奏曲部門)、仏ディアパゾン金賞などを受賞。
F.ブリュッヘン指揮「18世紀オーケストラ」(85-93年)、S.クイケン指揮「ラ・プティット・バンド」(86-01年、92年以降首席奏者)のメンバー。鈴木雅明の主宰する「バッハ・コレギウム・ジャパン」では創立以来首席奏者。 94~2000年、新設されたブリュッセル王立音楽院バロック・チェロ科教授。現在、東京芸術大学古楽科非常勤講師。指揮者として各地に客演、2013年より山形交響楽団首席客演指揮者。雑司谷拝鈍亭の終身楽長。2001年に「オーケストラ・リベラ・クラシカ」を結成。自身のレーベル《アルテ・デラルコ》からそのライヴやソロ、室内楽のCDを続々とリリース。第37回サントリー音楽賞、第10回斎藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。著書に「『古楽器』よ、さらば!」(音楽之友社)、「ガット・カフェ」「無伴奏チェロ組曲」(東京書籍)。

山本 徹(チェロ)
山本 徹(チェロ)

東京藝術大学、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。チェロを土肥敬、河野文昭、北本秀樹、鈴木秀美、ルール=ディールティーンスの各氏に師事。また東京藝術大学バッハカンタータクラブにて小林道夫氏の指導のもと通奏低音奏者としての研鑽を積む。
バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバー。オーケストラ・ラルテ・デル・モンド(レバークーセン)、リ・アンジェリ・ジュネーヴ、オーケストラ・ラ・シンティラ(チューリヒ)、ストラディヴァリア(ナント)など海外のアンサンブルにも多数参加し、これまでにザルツブルク音楽祭やユトレヒト音楽祭、ライプツィヒ音楽祭、ヨーク古楽祭等ヨーロッパ各地の音楽祭にも度々出演している。
またチャイコフスキーやショスタコーヴィチの協奏曲をオーケストラと共演し、山形交響楽団をはじめ多くのオーケストラに客演首席奏者として参加するなど、モダン・バロックを問わず積極的に活動を展開している。
2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。日本演奏連盟会員。

上尾直毅(チェンバロ)
上尾直毅(チェンバロ)

東京藝術大学器楽科ピアノ専攻卒業。在学時ピアノを辛島輝治氏、チェンバロを山田貢、鈴木雅明、渡邊順生の各氏に師事。卒業後オランダに渡り、チェンバロをG.レオンハルト、A.アウテンボッシュの両氏に、フォルテピアノをS.ホーホランド氏に師事しそれぞれソリストディプロマを得て卒業。オランダではデン・ハーグ王立音楽院古楽器科の伴奏員、オランダ室内管弦楽団のチェンバロ奏者などを務めた。現在、日本国内を中心に、「レ・ボレアード」(指揮/寺神戸亮)、「オーケストラ・リベラ・クラシカ」(指揮/鈴木秀美)、声楽アンサンブル「ラ・フォンテヴェルデ」などの古楽オーケストラやアンサンブルで活躍している。桐朋学園大学音楽学部講師。

10/21公演レポート
  •  
  •  
  •  

アンケートのコメント

300年前のヨーロッパの古城かカテドラルに身を置いている自分自身をイメージして、知的で哲学的なチェロの音色に聞き入り、心の深い部にしみ入るようで幸福なひ
と時でした。(市内・女性・70代~)

久しぶりにチェンバロの音が聴きたくて来たのですが、優しいチェロの音色にすっかり引き込まれてしまいました。チェロに先っぽが無く、お2人がふくらはぎでがっちりはさまれてる姿にびっくりポンでした。(市内・女性・50代)

18世紀の室内楽など、とても興味深いお話を聞かせていただき楽しかったです。(春日市・女性・40代)

    ■未就学のお子様のご入場はご遠慮ください。託児サービスをご希望の方は、事前にお問い合わせください。
    ■車椅子でお越しのお客様は、車椅子席(4席)がございますのでお問い合わせください。
    ■諸事情により、記載の内容が変更される場合がありますので、予めご了承ください。
    主催:福岡県、福岡市、(公財)アクロス福岡、(公財)福岡市文化芸術振興財団
        新・福岡古楽音楽祭実行委員会、18世紀音楽祭協会
    後援:LOVE FM 76.1