• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading

公演・イベント

公演・イベント詳細

主催・共催公演
主催

2014年10月10日(金) 19:00

ワレリー・ゲルギエフ指揮
マリインスキー歌劇場管弦楽団

ゲルギエフがアクロスの20周年を祝う!怒涛のハルサイに注目!

“巨匠”ゲルギエフの手腕により、今やロシアを代表するオーケストラとなったマリインスキー管。母国の偉大なる作曲家ストラヴィンスキーの、3大バレエ音楽を一同に披露する貴重な公演です。
ゲルギエフ、マリインスキー管という現代ロシアの黄金コンビが贈る、ストラヴィンスキー傑作3大バレエ音楽。恐らくこれ以上はないであろう最高の組み合わせを聴けるのは、東京以外ではアクロス福岡だけのチャンスです。この特別な一夜をぜひお見逃しなく。

◆青少年のための公開リハーサル対象公演!◆
◆福岡・音楽の秋 フェスティバル2014◆

※18時~当日券あり(GS、S席)

この記事が掲載されている情報誌を見る
マリインスキー歌劇場管弦楽団
概 要

会 場 福岡シンフォニーホール
出 演 指揮:ワレリー・ゲルギエフ
曲 目 ストラヴィンスキー:
火の鳥(組曲1919年版)
ペトルーシュカ(1911年/原典版)
春の祭典
入場料 【一般価格】 GS席18,000円 S席15,000円 A席12,000円 B席9,000円C席6,000円(学生券3,000円)
【友の会価格】 GS席16,200円 S席13,500円 A席10,800円 B席8,100円C席5,400円(学生券2,700円)
座席配置図はこちら
チケット取扱所 アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
チケットぴあ   TEL:0570-02-9999(Pコード:220-141)
ローソンチケット TEL:0570-000-407(Lコード:82964)
チケット購入ガイドはこちら※おトクな友の会ご存知ですか?
お問い合わせ アクロス福岡チケットセンター TEL: 092-725-9112
プロフィール
ワレリー・ゲルギエフ(芸術総監督、首席指揮者)
ワレリー・ゲルギエフ

マリインスキー劇場芸術総監督、首席指揮者。ロンドン交響楽団首席指揮者。サンクトペテルブルグ大学芸術学部学部長。チャイコフスキー国際コンクール組織委員会委員長。エジンバラ国際フェスティバル名誉総裁。「白夜の星」音楽祭(サンクトペテルブルグ)、ロッテルダム・フィルハーモニー・ゲルギエフ音楽祭(オランダ)、モスクワ復活祭音楽祭などの音楽祭を創設し、芸術監督、音楽監督として活躍。1997年に急逝したサー・ゲオルク・ショルティの後継者として、ワールド・オーケストラ・フォア・ピースの指揮者も務めている。

 ゲルギエフはマリインスキー劇場において数多くの世界的な名歌手を育成し、音楽界に送り出してきた。その采配のもとで同劇場はオペラおよびバレエのレパートリーを大きく広げ、現在では18世紀から20世紀までのクラシックの傑作をはじめ、現代作曲家の作品にいたるまで、幅広いレパートリーを誇っている。 

 2006年には、火災に遭ったマリインスキー劇場アトリエ兼倉庫の跡地に新しいコンサートホールが完成。2013年5月2日には歴史あるマリインスキー劇場に並んで、マリインスキー劇場新館(マリインスキー2)がオープンした。これによりマリインスキー劇場は、ロシア国内では初となる、劇場とコンサートホールを併せ持つ複合施設へと生まれ変わったのである。

 2009年にゲルギエフによって創設されたマリインスキー・レコーディングレーベルからはすでに25枚以上のディスクがリリースされ、世界中の批評家および音楽ファンから絶賛されている。

 ゲルギエフはこれまでに、メトロポリタン・オペラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、ミラノ・スカラ座管弦楽団などと共演している。また、ロシア、ドイツ、イタリア、フランス、日本、オランダ、ポーランドの政府からの勲章をはじめ、数多くの賞や勲章(称号)を授与されている。2012年にはモスクワ大学の名誉博士号を贈られた。2013年には、ニューヨークのカーネギーホール主導のもとに創設されたナショナル・ユース・オーケストラ・オブ・アメリカのトップに就任。2015年にはミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任することが決まっている。

マリインスキー歌劇場管弦楽団
マリインスキー

マリインスキー歌劇場管弦楽団は、ロシアで最も古い音楽団体のひとつである。その歴史は、18世紀初めに創設された、サンクトペテルブルグ帝室歌劇場管弦楽団にまでさかのぼることができる。19世紀には、エドゥアルド・ナプラヴニクが50年以上にわたり指揮を務め、マリインスキー歌劇場管弦楽団の発展に非常に重要な役割を果たした。このオーケストラの素晴らしさは、数々の演奏会で、指揮に当たった世界的音楽家たちに認められたが、そのなかには、ベルリオーズ、ワーグナー、ハンス・フォン・ビューロー、チャイコフスキー、マーラー、アルトゥール・ニキシュ、ラフマニノフなどがいた。ソヴィエト時代、楽団の輝かしい伝統は、ウラディーミル・ドラニーシュニコフ、アリ・パゾフスキー、エフゲニー・ムラヴィンスキー、コンスタンチン・シメオノフ、ユーリ・テミルカーノフといった指揮者たちによって守られた。また、同楽団はチャイコフスキーのオペラとバレエ、グリンカ、ムソルグスキー、リムスキー=コルサコフのオペラ、ショスタコーヴィチ、ハチャトゥリアン、アサフィエフのバレエなど、数多くのオペラやバレエの初演を手掛けるという栄誉に浴している。

 1988年からは、世界最高の指揮者であり音楽界の重鎮であるワレリー・ゲルギエフが楽団を率いている。マエストロ・ゲルギエフがマリインスキーのトップに就任したことにより、同楽団のレパートリーは飛躍的に増大した。現在のレパートリーの主なものとしては、ベートーヴェン、マーラー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチの交響曲全曲、モーツァルト、ベルリオーズ、ヴェルディ、ブラームス、ティシュチェンコのレクイエムのほか、ストラヴィンスキー、メシアン、デュティユー、ヘンツェ、シチェドリン、グバイドゥーリナ、カンチェリ、カレトニコフ等の様々な作品が挙げられる。同楽団はこれまでに、世界各地の一流コンサートホールで、管弦楽作品の演奏会を行なっている。

【マリインスキー管】公演レポート
  •  

アンコール曲目紹介

リャードフ:ババ・ヤガ Op.56 “ロシア民話に寄せる音画”

    ■学生券は、小~大学生等及び留学生本人に限り、表記料金にて販売するものです。お申込みはアクロス福岡チケットセンターに限ります。ご購入に際しましては学生証などが必要です。
    ■この公演は当日学生割引対象公演です。当日券の販売がある場合、学生証等の提示により半額でご購入いただけます。
    ■未就学のお子様のご入場はご遠慮ください。
     託児サービスをご希望の方は、事前にお問い合わせください。
    ■車椅子でお越しのお客様は、車椅子席(4席)がございますのでお問い合わせください。
    ■諸事情により、記載の内容が変更される場合がありますので、予めご了承ください。