• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading

公演・イベント

公演・イベント詳細

主催・共催公演
主催

2013年11月25日(月) 19:00

ジャン=マルク・ルイサダ ピアノリサイタル

美音の極点に立つピアニストによるショパンの響きを

ルイサダの魅力をたっぷりと。
憂いの響きを持つ人気のショパン演奏に期待。

◆福岡・音楽の秋 フェスティバル2013◆ 聴きどころはこちら
◆アクロス・ピアノセレクション2013◆

[CMを見る]

 
ジャン=マルク・ルイサダ ピアノリサイタル
概 要

会 場 福岡シンフォニーホール
出 演 ピアノ:ジャン=マルク・ルイサダ
曲 目 フォーレ:ノクターン 第11番 嬰ヘ短調 op.104-1
シューベルト:ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D.960
モーツァルト:グラスハーモニカのためのアダージョ
ショパン:ワルツ集
第1番 変ホ長調 op.18 《華麗なる大円舞曲》
第3番 イ短調 op.34-2《華麗なる円舞曲》
第4番 ヘ長調 op.34-3《華麗なる円舞曲》
第12番 ヘ短調 op.70-2 遺作
第13番 変ニ長調 op.70-3 遺作
第14番 ホ短調 遺作
第9番 変イ長調 op.69-1 遺作《別れのワルツ》
第6番 変ニ長調 op.64-1《小犬のワルツ》
第7番 嬰ハ短調 op.64-2
第8番 変イ長調 op.64-3
第11番 変ト長調 op.70-1 遺作
第2番 変イ長調 op.34-1《華麗なる円舞曲》

※出演者の希望により一部変更となりました。何卒ご了承ください。
入場料 【一般価格】 S席5,000円 A席4,000円 
        B席3,000円(学生券1,500円)
【友の会価格】S席4,500円 A席3,600円 
        B席2,700円(学生券1,300円)
座席配置図はこちら
チケット取扱所 アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
チケットぴあ   TEL:0570-02-9999(Pコード:190-457)
ローソンチケット TEL:0570-000-407(Lコード:84121)ほか
チケット購入ガイドはこちら※おトクな友の会ご存知ですか?
お問い合わせ アクロス福岡チケットセンター TEL: 092-725-9112
プロフィール
ジャン=マルク・ルイサダ(ピアノ)Jean-Marc LUISADA,Piano
ジャン=マルク・ルイサダ

 6歳でピアノを始めたルイサダにとって、彼の音楽の才能を決定づけたのは、2人の教師である。それは、マルセル・シャンピとドゥニーズ・リヴィエールだ。まず、パリで彼らのもとで勉強を始めた。16歳でパリ国立高等音楽院に入学。ピアノをドミニク・メルレに、室内楽をジュヌヴィエーヴ・ジョワ=デュティユーに師事した。その両方の課程でプルミエ・プリをとり、1978年には大学院に進学。そこで、ニキタ・マガロフとパウル・バドゥラ=スコダ、またルイサダが卒業後についた教師であるミロシュ・マギンらのもとで定期的に学び、コンクール入賞後も彼らに師事していた。
 1983年、ルイサダはミラノで開催されたディノ・チアーニ国際ピアノ・コンクールで第2位入賞。1985年にはワルシャワでのショパン国際ピアノ・コンクールに第5位に入賞、併せて国際批評家賞を受賞した。
 ワルシャワでの成功が彼を国際的キャリアに導き、世界中で演奏会を行うことになった。コンクール後に日本ツアーに招かれ、その後、毎年のように待ちわびるファンのもとに戻ってきている。また、ドイツ・グラモフォンと契約を結んで、ショパン《ワルツ集》、《マズルカ集》(この2枚のディスクは、レコード芸術誌で吉田秀和「今月の1枚」に選ばれる)、グラナドス《ゴイェスカス》、また、マイケル・ティルソン・トーマス指揮、ロンドン交響楽団とのグリークとシューマンのピアノ協奏曲を録音した。ルイサダは映画が大好きで、フランスを代表する大女優ジャンヌ・モローと共演したプーランクの《象ババールのお話》の録音(ドイツ・グラモフォン)が彼のお気に入りの企画のひとつとなった。それ以降も、2つのお芝居に絡んだ。そのひとつは、高名な女優マーシャ・メリルと共演した、サンドの手紙の朗読とピアノ演奏を交えた舞台「聖なる炎~ジョルジュ・サンドとショパン」(邦題「ショパンとサンド~愛と哀しみの旋律」)である。
 ルイサダは、1998年にRCA Red Sealと独占契約を結んだ。同レーベルからは、ビゼーとフォーレ(これは年間ディスク大賞を受賞した)、ショパン、ドヴォルザーク、シューマン、モーツァルト、ハイドン、リスト、スクリャービン、ベートーヴェン等のアルバムがリリースされている。2008年9月24日には、ショパン:舟歌&幻想ポロネーズ~ショパン名演集が発売され、レコード芸術誌で吉田秀和「之を楽しむものに如かず」にマウリツィオ・ポリーニ、マリア・ジョアン・ピリスと共に選ばれ、同誌で特選盤となる。ショパンのマズルカ集(全41曲)が再録音され、2010年3月24日にショパンのマズルカ集(全41曲)、11月24日には、ショパンのバラード(全曲)が11月24日に発売され、レコード芸術誌で特選盤となる。2011年12月にファン待望のバッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ドビュッシー、ワーグナー等の作品を録音。2013年4月25日に発売され、大きな話題となった。
 2006年には、4ヶ月にわたるNHKピアノ・スーパーレッスン、ショパン編(NHK教育テレビ)に講師として出演。それが大好評により、DVDと書籍が発売される。また、2007年にも同じく4ヶ月にわたってNHK教育テレビで再放送された。1989年6月に「芸術文化シュヴァリエ勲章」を、1999年11月には「国家功労5等勲章」をフランス政府より授与される。2003年7月14日には、「芸術文化オフィシエ勲章」を授与された。ルイサダは、現在、パリで黒のラブラドール犬ボギー(この名前は勿論ハンフリー・ボガートにちなんでいる)とパリで暮らしている。

ルイサダ ピアノリサイタル アンコール曲

アンコール曲目紹介

ドビュッシー:前奏曲集 第1集より 第10番 沈める寺
バッハ:フランス組曲 第5番 ト長調 BWV816より 第3楽章 サラバンド

    ■学生券は、小~大学生等及び留学生本人に限り、表記料金にて販売するものです。お申込みはアクロス福岡チケットセンターに限ります。ご購入に際しましては学生証などが必要です。
    ■この公演は当日学生割引対象公演です。当日券の販売がある場合、学生証等の提示により半額でご購入いただけます。
    ■未就学のお子様のご入場はご遠慮ください。
     託児サービスをご希望の方は、事前にお問い合わせください。
    ■車椅子でお越しのお客様は、車椅子席(4席)がございますのでお問い合わせください。
    ■諸事情により、記載の内容が変更される場合がありますので、予めご了承ください。
アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112