• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading

公演・イベント

公演・イベント詳細

主催

2017年09月21日(木) 18:30

ミラノ大聖堂聖歌隊&真言宗声明 プレレクチャー
はじめてのグレゴリオ聖歌 ~西洋のお経?~

※定員に達したため、受付は終了いたしました。

「グレゴリオ聖歌」というと、ヒーリング・ミュージック、中世の音楽、修道士たちによる斉唱、お経っぽい感じ、キリスト教・・・・など様々なイメージが沸いてくるのではないでしょうか。しかし「グレゴリオ聖歌」とは、そもそも何のために作られたものなのでしょう。
「作曲家は誰」だったのか、なぜ曲の題名が分かりにくく長いのか、なぜ男声による斉唱なのか等々、 疑問は尽きません。
プレレクチャーでは、グレゴリオ聖歌の起こりとその変遷、そもそもの使用用途、五線譜の元となった当時の記譜法(ネウマ譜)、そして、来日が待ち遠しいミラノ大聖堂聖歌隊による「ミラノのグレゴリオ聖歌」の特殊性などを、実演を交えて紹介します。

定員100名の事前予約制です。
お電話または窓口にてお申し込みください。
アクロス福岡チケットセンター(2F)092-725-9112

[関連公演]
11月22日(水)19:00
「ミラノ大聖堂聖歌隊&真言宗声明」

 
概 要

会 場 円形ホール
講 師 安積道也
入場料 入場無料(要整理券・定員100名)
※定員に達したため、受付は終了いたしました。
お問い合わせ アクロス福岡チケットセンター TEL: 092-725-9112
プロフィール
安積道也 Michiya Azumi
 

シュトゥットガルト並びにフライブルク国立音楽大学にて、教会音楽科A課程と指揮科(合唱指揮)を最優秀で修了。ドイツ国家資格教会音楽家最高位(A級カントール)取得。2004年第1回バイロイト・レーゲンスブルク合唱指揮者コンクール優勝。在独中、ギュンタースタール聖マリア教会音楽監督とドイツ・フランス合唱団フライブルク常任指揮者を兼任。グレゴリオ聖歌を橋本周子、G.ヨッピヒ、B.シュミットに、合唱指揮をM.シュルト・イェンセン、H.M.ボイヤレに、声楽をE.B.ヒレマンの各氏に師事。

2009年より西南学院音楽主事。学院の音楽事業を手がける傍ら、全国各地で客員指揮、オルガンコンサート、合唱団や講習会の指揮や指導を精力的に行っている。教会音楽の演奏と実践を専門とし、小編成のアカペラから管弦楽付きオラトリオ作品まで、レパートリーは幅広い。西南オラトリオ・アカデミー常任指揮者。エリザベト音楽大学非常勤講師。キリスト教礼拝音楽学会役員。

    主催:(公財)アクロス福岡、読売新聞社、FBS福岡放送、「福岡・音楽の秋」実行委員会
    共催:福岡EU協会
    助成:一般社団法人地域創造