• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading

公演・イベント

公演・イベント詳細

主催

2017年02月14日(火) 12:00 ~ 13:20

アクロス・ランチタイムコンサートvol.56 《スペシャル版》 本多俊之バレンタイン・コンサート

~feat. Saxophone Quintet & Piano
with 宮本信子~

※チケットは、完売しました。

ランチタイムにランチ価格で音楽をお楽しみいただく「ランチタイムコンサート」。
今回は、ドラマ「家族ゲーム」や映画「マルサの女」など、数多くの伊丹十三監督作品の音楽を手がけた、サックス奏者本多俊之が登場です。日本を代表するサックス奏者の本多俊之は、作・編曲家としてもその多才ぶりは知られており、TVドラマやCM、映画、クラシック音楽など、幅広く手がけています。
そして、バレンタイン・スペシャル企画のゲストとしてお迎えするのが女優の宮本信子さん。作品を通してだけでなく、公私ともに交流のある二人の楽しいトークと、甘いサックスの調べを80分のスペシャル版でお楽しみください!

ちらし裏面はこちら

☆着物でご来場の方には、博多織のミニプレゼントを進呈いたします。
(協力:HAKATA JAPAN)

 
本多俊之バレンタイン・コンサート
概 要

会 場 福岡シンフォニーホール
出 演 サックス/本多俊之
ソプラノ & アルトサックス/國末貞仁
アルトサックス/江川良子
テナーサックス/有村純親
バリトンサックス/鈴木広志
ピアノ/本多尚美
スペシャルゲスト/宮本信子(女優)
曲 目 本多俊之:マルサの女、家族ゲームMEDLEY
Herman Hupfeld:As Time Goes By
Lorenz Hart/Richard Rodgers:My Funny Valentine ほか
入場料 ※完売しました
【一 般】1,000円(全席指定)
【友の会】900円(全席指定)
座席配置図はこちら
チケット取扱所 アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
チケットぴあ TEL:0570-02-9999(Pコード:286-449)
ローソンチケット TEL:0570-000-407(Lコード:86012)
チケット購入ガイドはこちら※おトクな友の会ご存知ですか?
お問い合わせ アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
プロフィール
本多俊之 (サックス奏者、作・編曲家、プロデューサー)
本多俊之 (サックス奏者、作・編曲家、プロデューサー)

1957年東京生まれ。AB型、牡羊座。恐竜好き、ジョギング好きでも知られる。大学在学中の1978年に初リーダーアルバム「バーニング・ウェイブ」を、L.A.のフュージョングループ”シー・ウィンド”を従えて発表。以来、チック・コリア、フレディー・ハバード、レッド・ミッチェル、クリストファー・クロス等、内外の著名ミュージシャンと共演。日本を代表するサックス奏者である。特にソプラノ・サックスの音色の美しさには定評があり右に出る者はいない。作・編曲家としても、TVドラマ、CM、映画、クラシック音楽まで多才な才能ぶりは良く知られるところ。日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した「マルサの女」(監督:伊丹十三)をはじめとする伊丹作品群の他、世界公開となったアニメーション映画「メトロポリス」(原作:手塚治虫、脚本:大友克洋、監督:りんたろう)、日仏合作アニメーション映画「よなよなペンギン」(監督:りんたろう)などのサウンドトラック、「ニュースステーション」「クローズアップ現代」「土曜ス ポーツタイム」などのテーマ曲、 NHK朝の連続テレビ小節「風のハルカ」(作:大森美香、主演:村川絵梨)、NHK BSプレミアム連続時代劇「陽だまりの樹」(原作:手塚治虫、主演:市原隼人、成宮寛貴)、フジテレビ系連続ドラマ「家族ゲーム」(原作:本間洋平、出演:櫻井翔、神木隆之介、他)などTVドラマも多い。クラシックサックス奏者須川展也からの委嘱作品「Concerto du vent」は、BBCフィルハーモニック・オーケストラ(指揮:佐渡裕)で録音され、イギリスのクラシック名門レーベルCHANDOSからリリースされている。吹奏楽イベント「バンド維新」からの委嘱曲「Take It Easy」「Cretaceous Wind(白亜の風)」は航空自衛隊航空中央音楽隊で録音されている。舞台音楽としては「港町十三番地」(主演:宮本信子、脚本:長谷川康夫、演出:井上思)、ミュージカル「最悪な人生のためのガイドブック」(主演:川平慈英、作・演出:鈴木聡)、「しあわせのつぼ」(主演:宮本信子、作・演出:福島三郎)、「魔法の万年筆」(主演:稲垣吾郎、作・演出:鈴木聡)などが有る。バーニングウェイブによるPIT INNでのライブ・アルバム「コンドルは飛んで行く」、サックス五重奏のみでドラマ音楽を担当した「家族ゲーム」(櫻井翔版)など、オリジナル・アルバム、サウンドトラック・アルバム共に多数リリース。アドルフ・サックス生誕200周年を記念したCDアルバム「GREETINGS〜アドルフ・サックスに捧ぐ〜」は、サクソフォン・アンサンブルの新たな可能性を示唆している。

宮本信子 SPECIAL GUEST
宮本信子 SPECIAL GUEST

1963年文学座付属演劇研究所、1964年劇団青芸在籍時に別役実作『三日月の影』で初舞台。1967年劇団青俳で木村光一作演出『地の群れ』今井正演出『神通川』に出演。1985年「お葬式」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。1988年「マルサの女」ではシカゴ国際映画祭最優秀主演女優賞、日本アカデミー最優秀主演女優賞、キネマ旬報報道主演女優賞、など多数受賞。以降、舞台・テレビ・JAZZLIVEにも活動の場を広げている。2007年「眉山」に出演し、日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞。2011年「阪急電車~片道15分の奇跡~」(東宝)では日本アカデミー賞優秀助演女優賞、報知映画賞助演女優賞を受賞した。2013年は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演し話題に。映画『かぐや姫の物語』(東宝)では媼役の声にて吹き替えに初出演。2014年には、第65回NHK放送文化賞受賞、紫綬褒章受章。2015年「ここにある幸せ」(NHK)では、“東京ドラマアウォード2015ローカル・ドラマ賞”受賞。2016年「坊ちゃん」(CX)では、清役で出演。

2/14(火)公演アンケート
  •  
  •  
  •  

アンケートのコメント

五重奏のサックスがこんな間近で聴けて、大感激。宮本さんは、低い声のジャズが色っぽくて、とってもかわいくて、素敵でした!(福岡市・女性・60代)

サックスの音色に浸りました。宮本信子さんの歌初めて聴きました。さすが舞台をなさる方、感動です。(宗像市・女性・70代~)

サックスのコンサートは初めてでしたが、音色が歌のようでとても魅了されました!女性のサックス奏者の方がとてもステキでした!そしてまさか信子さんの歌が聴けるとは思わなかったのでとてもすばらしいサプライズでした!(福岡市・女性・50代)

    ●車いすでお越しのお客様は、優先割引座席(4席)がございます。詳しくはアクロス福岡チケットセンターまでお問い合わせください。
    ●小学校入学前のお子様の入場はできません。託児サービスを希望される方は、こちらをご覧ください。
    ●2階及び3階バルコニー席は、舞台が見えづらい場合がございます。ご了承ください。
    ●諸事情により記載内容が変更になることがありますので、予めご了承ください。
    主催:福岡県、福岡市、(公財)アクロス福岡、(公財)福岡市文化芸術振興財団
    後援:LOVE FM 76.1、西日本新聞社
    特別協賛:チョコレートショップ