• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading

公演・イベント

公演・イベント詳細

主催

2014年07月15日(火) 19:00

フランス国立リヨン管弦楽団

フランスの文化都市が誇る楽団が五嶋龍とともに登場!

◆青少年のための公開リハーサル対象公演!◆

2011年より音楽監督を務めるレナード・スラットキン指揮のもと、ソリストに五嶋龍を迎え、フランスの文化都市リヨンが誇るオーケストラが福岡シンフォニーホールに登場します!
ラロの「スペイン交響曲」は、ヴァイオリン独奏を加えた協奏曲。五嶋龍とリヨン管弦楽団が創り上げる最高のサウンドにご期待ください。
[CMを見る]

※18時から 当日券販売あり!GS,S席のみ

この記事が掲載されている情報誌を見る
フランス国立リヨン管弦楽団
リヨン管
リヨン管
概 要

会 場 福岡シンフォニーホール
出 演 指揮:レナード・スラットキン
ヴァイオリン:五嶋 龍
曲 目 バーンスタイン:「キャンディード」序曲
ラロ:スペイン交響曲 op.21(ヴァイオリン:五嶋龍)
ラヴェル:バレエ「マ・メール・ロワ」組曲
ラヴェル:ボレロ
入場料 【一般価格】 GS席16,000円 S席14,000円 A席12,000円
         B席9,000円 C席6,000円(学生券3,000円)
【友の会価格】GS席14,400円 S席12,600円 A席10,800円
         B席8,100円 C席5,400円(学生券2,700円)
座席配置図はこちら
チケット取扱所 アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
チケットぴあ   TEL:0570-02-9999(Pコード:220-119)
ローソンチケット TEL:0570-000-407(Lコード:82955)
チケット購入ガイドはこちら※おトクな友の会ご存知ですか?
お問い合わせ アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
プロフィール
レナード・スラットキン(指揮) Leonard Slatkin, Conductor
レナード・スラットキン

1944年生まれ、ロサンジェルス出身の巨匠。父は指揮者、母はチェリストという音楽的家庭に育った。1980年代に、彼の手腕でそれまで無名だったセントルイス交響楽団が一躍アメリカ・ビッグ5にランク入りしたことはあまりにも有名。2011年にフランス国立リヨン管弦楽団の音楽監督に就任し、デトロイト交響楽団の音楽監督、ピッツバーグ交響楽団の首席客演指揮者も務めている。これまでシカゴ交響楽団、クリーヴランド管弦楽団、ボストン交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団など数えきれないほどの名楽団に客演し、BBC交響楽団の首席指揮者も務めた。タングルウッド、ラヴィニアなど国際音楽祭にも定期的に登場している。オペラでもメトロポリタン歌劇場、シカゴ・リリック・オペラ、パリ・オペラ座バスティーユ、ウィーン国立歌劇場に定期的に客演。録音も100以上あり、グラミー賞を7回受賞。フランスのレジョン・ドヌール勲章も受章。

五嶋 龍(ヴァイオリン) Ryu Goto, Violin
五嶋龍

7歳でPMFにおいてコンサート・デビュー後ソリストとして活躍、マゼール、アシュケナージ、チョン、ルイジらの指揮のもと、ロンドン・フィル、ミュンヘン・フィル、ウィーン響、バンベルク響などと共演。室内楽でもマイスキーやチョンと共演している。1996年から10年にわたったフジテレビ「五嶋龍オデッセイ」や「情熱大陸」などテレビでも特集が組まれるなど注目される存在。10年にはニューヨークに「五嶋龍“Excellence In Music(音楽優秀賞)”」を設立。録音はドイツ・グラモフォンと専属契約を結んでいる。使用楽器は日本音楽財団から貸与された1722年製ストラディヴァリウス「ジュピター」。

フランス国立リヨン管弦楽団 L’ Orchestre national de Lyon
リヨン管

1905年創設のリヨネ・コンサート協会に端を発し、69年にオーケストラ組織となり、83年に今の名称となって現在に至る、フランスの文化都市リヨンの誇る楽団。1987年から音楽監督を務めたクリヴィヌの力で楽団は飛躍的な発展を遂げ、その後の準メルクルやロバートソンによって持ち前の透明な色彩的サウンドを生かし、あらゆるレパートリーに対応する能力を備えていった。1979年にヨーロッパのオーケストラとして初めて中国を訪れ、アジア、アメリカへも数多くツアーを行っている。BBCプロムスやオランジュ音楽祭、パリのシテ・ド・ラ・ミュジクには定期的に招かれている。2011年に名匠スラットキンが音楽監督に就任、この稀代のオーケストラ・ビルダーによって楽団は更なる成長を遂げ、ナクソス・レーベルにラヴェルやベルリオーズ作品集の録音が進行中である。ブーレーズ、ライヒ、ダルバヴィら現代を代表する作曲家らのフランス初演も多く、エスケシュは2007年から3シーズンにわたってレジデント・コンポーザーを務めた。

本日のアンコール曲
  •  
  •  
  •  

F.Slatkin:Carmen’s Hoedown

    ■学生券は、小~大学生等及び留学生本人に限り、表記料金にて販売するものです。お申込みはアクロス福岡チケットセンターに限ります。ご購入に際しましては学生証などが必要です。
    ■この公演は当日学生割引対象公演です。当日券の販売がある場合、学生証等の提示により半額でご購入いただけます。
    ■未就学のお子様のご入場はご遠慮ください。
     託児サービスをご希望の方は、事前にお問い合わせください。
    ■車椅子でお越しのお客様は、車椅子席(4席)がございますのでお問い合わせください。
    ■諸事情により、記載の内容が変更される場合がありますので、予めご了承ください。