• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading

公演・イベント

公演・イベント詳細

一般発売中 インターネット発売中 友の会インターネット発売中
共同開催

2017年06月14日(水) 19:00

プラハ・グァルネリ・トリオ

世界随一の常設ピアノ・トリオ
弦楽器の王様、グァルネリの響き

1986年結成。“ボザール”“フロレスタン”解散後、世界の第一線での活躍が著しい数少ない常設ピアノ・トリオとして実績と風格を表すプラハ・グァルネリ・トリオで聴く銘器の響き。
聴きどころはこちら

ちらし裏面はこちら

◆福岡グランドクラシックス2017◆

この記事が掲載されている情報誌を見る
プラハ・グァルネリ・トリオ
概 要

会 場 福岡シンフォニーホール
出 演 ヴァイオリン/チェネック・パブリーク
チェロ/マレク・イエリエ
ピアノ/イヴァン・クラーンスキー
曲 目 ハイドン:ピアノ三重奏曲 第25番 ト長調「ジプシー・ロンド」
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 op.97「大公」
ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲 第4番 ホ短調 op.90「ドゥムキー」
入場料 【一 般】S席4,000円 A席3,500円(学生券2,500円)
【友の会】S席3,600円 A席3,100円(学生券2,200円)

【福岡グランドクラシックス2017 S席セット券】
全3公演 定価 18,000円 → 15,000円
※S席セット券はアクロス福岡チケットセンター窓口と電話のみで販売

座席配置図はこちら
チケット取扱所 アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
チケット購入ガイドはこちら※おトクな友の会ご存知ですか?
インターネット購入 友の会インターネット発売中
お問い合わせ アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
プロフィール
プラハ・グァルネリ・トリオ Guarneri Trio Prague
プラハ・グァルネリ・トリオ

プラハ・グァルネリ・トリオは四半世紀に渡り、その成熟されたアーティスト性とその表現力でオーディエンスを魅了し続けてきている。
1986年に創設されたプラハ・グァルネリ・トリオは際立つトーン・クオリティ、そしてハイ・スタンダードな技術を兼ね備えた第一級の室内楽アンサンブルとして、3人の音楽家による、その非の打ちどころのない演奏は絶賛を博している。
特に近年の著しい円熟ぶりは国際的に更なる注目を集めており、目下世界でも数少ない常設ピアノ・トリオとして貴重な存在である。
プラハ・グァルネリ・トリオは数々の国際音楽祭、著名なコンサートホールでの演奏活動、さらにはヨーロッパ各地をはじめカナダ、オーストラリア、アメリカ合衆国、南アメリカそして日本と広範囲に渡る規模のツアーもしばしばおこなっている。
レコーディングに関してはチェコのスプラフォン、フランスのプラガ・デジタルにおいて、ベートーヴェンのピアノ・トリオをはじめメンデルスゾーン、ショスタコーヴィチ、シューベルト、モーツァルト、ブラームスの作品を録音。またGTPよりリリースされたものは国際的な賞(ディアパソン・ドール賞、ル・モンド・ドゥ・ラ・ミュージックなど)を度々獲得している。
プラハ・グァルネリ・トリオは結成当初のオリジナルメンバーにより構成されており、これは音楽家たちの豊かな人間性を証明するものであり、互いを思いやる彼等の深い友情がこれを維持している。
使用している楽器について、チェネック・パブリークはルイジ・タリシオの有名なコレクションであるグァルネリ・デル・ジュスの1735年製“ジンバリスト”を使用しており、また一方マレク・イエリエはアンドレア・グァルネリ1684年製のチェロを使用している。
2011/12年シーズンにおいてプラハ・グァルネリ・トリオは世界中で数多く行われた演奏会で結成25周年を祝う事になった。
プラハ・グァルネリ・トリオは放送への出演も多く、英国BBC、ラジオ・フランス、オーストリアORF、スイスDRS2、ドイツNDRそしてSWR、チェコ・ラジオのために録音を行うほか、1996年にはチェコ・テレビジョンによりプラハ・グァルネリ・トリオを特集する番組が放映されている。

    主催:朝日新聞社、(公財)アクロス福岡、TVQ九州放送
    共催:福岡EU協会
    後援:チェコ共和国大使館