• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading

公演・イベント

公演・イベント詳細

主催・共催公演
主催

2014年12月18日(木) 19:00

アクロス・クリスマスコンサート
フィリップ・ジュジアーノ ピアノリサイタル

※当日券 18時から販売あり

第13回ショパン国際ピアノコンクール(1995年)最高位受賞のフィリップ・ジュジアーノが、福岡シンフォニーホールに再登場いたします!
2012年12月に行ったランチタイムコンサート vol.32ではその優雅な音色に魅了されましたが、今回はショパンの傑作『バラード』全4曲からスクリャービンまで、クリスマス・シーズンを飾る華やかな名曲プログラムをお届けいたします。しかも今回はお得なペア券も登場!大切な方を誘って、ロマンティックなピアノの調べをぜひホールでお楽しみください。

◆アクロス・ピアノセレクション2014◆

この記事が掲載されている情報誌を見る
フィリップ・ジュジアーノ ピアノリサイタル
概 要

会 場 福岡シンフォニーホール
曲 目 ショパン:前奏曲 嬰ハ短調 op.45
      舟歌 嬰へ長調 op.60
      バラード 第1番 ト短調 op.23
      バラード 第2番 へ長調 op.38
      バラード 第3番 イ長調 op.47
      バラード 第4番 へ短調 op.52
スクリャービン:3つの小品 op.2より I.練習曲 嬰ハ短調
         「12の練習曲」 op.8
入場料 【一般価格】 S席4,000円 S席ペア券7,000円(S席学生3,000円) A席3,000円(A席学生2,000円)
【友の会価格】 S席3,600円 S席ペア券6,300円(S席学生2,600円) A席2,700円(A席学生1,700円) 
座席配置図はこちら
チケット取扱所 アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112
チケットぴあ   TEL:0570-02-9999(Pコード:220-160)
ローソンチケット TEL:0570-000-407(Lコード:82974)
チケット購入ガイドはこちら※おトクな友の会ご存知ですか?
お問い合わせ アクロス福岡チケットセンター TEL: 092-725-9112
プロフィール
フィリップ・ジュジアーノ
ジュジアーノ

1973年、マルセイユ(フランス)で生まれ、5歳でピアノを習いはじめる。
1989年、マルセイユ市音楽院を経て16歳でパリ国立高等音楽院を最優秀で卒業。
1990年、第12回 ショパン国際ピアノコンクールに初出場。17歳にして8位入賞を果たす。
1993年、奨学生としてザルツブルグ(オーストリア)のモーッアルテウムで研鑽を積む。
その研鑽期間中、国内および国際ユースコンクールに出場し、多くの最高位の賞を受賞。
1995年の第13回 ショパン国際ピアノコンクールに最高位(一位なしの二位)を獲得。
世界屈指のコンクールの覇者となってからは、ショパンの作品について非常に精通している世界トップレベルのピアニストとして、ニューヨークのカーネギーホール、アムステルダムのコンセルトへボー、ミラノのスカラ座などのコンサートホールでソロ演奏や世界的な指揮者との共演を果し賞賛を浴びる。
また、フランスのナントで行われた「ラ・フォル・ジュルネ音楽祭」では、フィナーレを飾り、その演奏が芸術テレビ局でフランス全土に生放送された。
フランスや日本で録音されたCDでは、作品に対する深い解釈と作曲者への誠実な演奏を聴くことができ、批評家や聴衆から非常に高い評価を得た。特に最近リリースしたCDのショパン「24の練習曲」「24の前奏曲」は、完成度が高く、世界中で非常に高い評価を受けている。
「このピアニストのショパン演奏を聴くことは、いわば音楽の天才の演奏に耳を傾けているようなものだ。この経験は決して忘れることは出来ない。」(Mathias Heitsmann -Arte) 
「ショパン自身がこのように演奏したのではないかと感じさせるほどの感動を覚えた。」
(O. Bellamy-le Monde de la Musique)と絶賛された。
 現在、ポーランドや日本でのマスタークラスを教えるほか、熊本平成音楽大学にて、客員教授として教鞭を執っている。

フィリップ・ジュジアーノ ピアノリサイタル公演レポート

寒波到来。
冷たい北風が吹く一日となりましたが、ちょっと早めのクリスマス気分。フィリップ・ジュジアーノ ピアノリサイタルが開催され、福岡シンフォニーホールには多くのお客様にお越しいただきました。
クリスマス・コンサートにふさわしく、雪のようにピアノの音が空から降ってくる、そんなロマンティックな公演となりました。

アンコール曲目紹介

ショパン:ノクターン 変ホ長調 op.9-2

アンケートのコメント

初めてピアノリサイタルを聴きに来ました。CDなどと違って実際はピアノの音色に微妙に響きの違いがあり、感動しました。クリスマス前のステキな思い出になりました。また聴きたいです。(福岡市・50代・女性)

サロン風のメロディと和音のとても調和した演奏でした。力任せに弾くのではなく、「音楽」と感じることのできる素晴らしいピアノでした。今年一年、とても良いピアノのコンサートをありがとうございました。楽しみにしていてたくさん聴く機会をもてたのはとても嬉しいです。来年は横山さん、辻井さんのピアノ協奏曲、2月には2人のピアノ会…とまだまだ続きます。バイクなので、暑い日、雨の日、今日のように寒い日も負けずに来ます。よろしくね!(北九州市・50代・男性)

今日はショパンが聴きたくて来ました。プログラムのショパンもスクリャービンも美しくて良かったのですが、アンコールのノクターンが一番心に響きました。この曲はそれほど自分にとってピンとこない作品だと思っていたけど、今日聴いて心に沁みこむ繊細な曲だなあ、と感じました。この曲がなぜ人気があるのか、魅力がわかった気がして、来てよかったと感じました。音もとても美しかったです。(糸島市・40代・女性)

    ■学生券は、小~大学生等及び留学生本人に限り、表記料金にて販売するものです。お申込みはアクロス福岡チケットセンターに限ります。ご購入に際しましては学生証などが必要です。
    ■未就学のお子様のご入場はご遠慮ください。託児サービスをご希望の方は、事前にお問い合わせください。
    ■車椅子でお越しのお客様は、車椅子席(4席)がございますのでお問い合わせください。
    ■諸事情により、記載の内容が変更される場合がありますので、予めご了承ください。