• ホーム
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 友の会WEB会員ログイン
  • アクセス
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
Loading
文化・観光情報

作品展・講座

共同開催

2017年05月17日(水) ~ 2017年05月21日(日)
10:00 ~ 18:00 (最終日16:00まで)

第6回小石原焼伝統工芸士展

約350年の伝統がある小石原焼。幾重にも重なる飛び鉋や、花びら模様の刷毛目など、伝統技法を守りつつ新しい技法にも挑戦しています。民芸の趣旨を基本に「用の美」を追求した、伝統工芸士の技をご覧ください。
(約300点展示)

【実演】ロクロを使った制作実演

 
第6回小石原焼伝統工芸士展
概 要

会 場 匠ギャラリー
主 催 小石原焼伝統工芸士会 熊谷泰生(代表)(朝倉郡東峰村)
TEL:0946-74-2203
入場料 入場無料
お問い合わせ アクロス福岡文化観光情報ひろば
TEL:092-725-9100
レポート  
耳学
  •  
  •  
  •  

代表的装飾技法 vol.2
 化粧土をかけた皿に、櫛状の小道具を使ってくし目模様を入れる技法を「くし目」といい、ロクロを一回転したらできあがりです。はい、そのままのネーミングです(笑)。また、櫛ではなく、はけを使って線を描く技法を「刷毛目」といい、その線と線との間隔がなんとも美しいのです。ちなみに、化粧土とは、釉薬ではなく、鉄分の少ない白い色をした陶土のことで、白い土の層を取って水越しして仕上げます。